部屋探しの情報

部屋探しの情報では、入居審査の内容と注意点、入居申込の意味、物件を見る目安、安い家賃の解説などを徹底的に掘り下げます。一般には知られるはずのない貴重なものです。

部屋探しと入居審査

部屋探しの後、契約を結ぶ前に必ず入居審査があります。気に入った物件を借りようと申し込みする時に、入居申込書に氏名や、現住所、職業、年収、連帯保証人等を記入します。これを大家さんが確認し審査を行います。部屋探しに関わらず、審査と言われるとちょっと緊張しますが、この為に事前に保証人になってくれる方を探しておきましょう。

基本は親族にお願いします。部屋探しでは保証人を代行してくれるサービスもあります。部屋探しで不動産会社が貸主、貸主代理や、建物の管理を任されているような物件は、入居審査がやや厳しくなります。これは、家賃の保証契約等を大家さんと不動産会社の間で結んでいる事が多く、家賃の支払能力を最重要視しているからです。

部屋探しでこのような場合、本人の所得証明書や、保証人の所得証明書等の提出を求められる事もあります。多少面倒ですが、それがないと審査してもらえないのですから仕方ありません。また入居審査用紙と題して、信販会社の審査をかける部屋探し物件もあります。このような場合は、保証人も非常に重要視されます。保証人の変更を求められる事もありますので、その時は迅速に対応しましょう。

一方一般の大家さんの審査はそれほど厳しくありません。大家さんの判断だけなので、極端な話無職でも大家さんがOKなのであれば、何も問題はないわけです。部屋探しで最後の関門と言えるので、必ず突破しましょう。