部屋探しの入居申込

部屋探しのステップ

いくつか物件を見て、気に入ったのが見つかったとします。部屋探しの次のステップは、入居申込しになります。これは何をするかというと、入居申込書という用紙に借りるあなたの氏名や職業・年収等、保証人になってくれる方の氏名や職業・年収等を書きます。そして不動産会社から部屋探し申込金(預り金)として、家賃の1ヶ月分か1万円程度を要求されます。

これはあくまで預かり金ですので、キャンセルする場合は返金されます。部屋探しの入居申込金は、この物件を借りたいという意思表示です。契約ではありませんので、繰り返しますが部屋探しの入居申込金は、あくまで預り金です。何らかの理由で、契約をキャンセルした場合は全額返金されます。もし返金してもらえなければ、悪質な業者なので、消費者センターへ行きましょう。

この物件を借りたいという人が現れたら、大家さんは入居者の募集をストップします。その意思の確認で不動産会社が預かるものです。本当に借りる気がなければ、預けるはずがありませんので、部屋探しで要求されたら預けないと借りれません。契約ではないのでキャンセルできますが、裏を返せば大家さんがあなたとの契約をキャンセルする事も出来るって事になります。

部屋探しで、ある意味1番怖い部分です。こういった事は実際に起こります。ここでも重要なのが、部屋探しの営業マンが大家さんをよく知っているかどうかです。これ本当に重要なポイントです。